2018年03月30日更新

光コラボレーションに賢く転用!月額が安くなるかも!

光コラボレーションはNTTの光回線にSoftBank光やドコモ光やOCN光などの各事業者が、独自の割引サービスやオプションサービスなどの付加サービスを受けてユーザーに提供している光回線です。
各事業者ごとに独自のサービスやキャンペーンなどが利用できるような仕組みになっているので、フレッツ光から光コラボレーションに転用することで、今よりも月額料金を安く抑えることが可能です。

光コラボレーションはフレッツ光からの転用の場合には、解約する必要がなく新たに工事をする必要もないので転用に掛かる費用を最小限に抑えられます。
転用の場合には契約変更という形になるので解約が不要で、契約期間中だとしても違約金が掛かりません。
解約の面倒な手続きも不要となっているので、フレッツ光から光コラボレーションへの転用はとても簡単です。

光コラボレーションにはSoftBank光やドコモ光やOCN光などの種類があります。
それぞれに提供している付加サービスが異なるので、自身に合った付加サービスを提供している光コラボレーションを選択すれば、現在よりも安い月額料金で光回線が利用できるようになります。

スマートフォンやタブレットSoftBank光ではソフトバンクのスマートフォンやタブレットや携帯電話とセットで契約することで割り引きが受けられる付加サービスを提供しています。
50GBと20GBと5GBの3種類のプランでスマートフォンかタブレットを契約している場合には、毎月1000円の割り引きが受けられ、データ定額3GBケータイのプランで携帯電話を契約している場合には毎月500円の割り引きが受けられます。
2年間だと最大で24000円の割り引きが受けられることになるので、ソフトバンクユーザーであればお得に契約できます。

ドコモ光の場合にはスマートフォンでウルトラシェアパックを利用している場合に、最大で毎月3000円の割り引きが受けられます。
ドコモのスマートフォンとセットにすることで最小でも500円から最大では3000円の割り引きが受けられるので、ドコモユーザーなら安い月額料金で利用できるようになります。

OCN光ではOCNモバイルONEを契約していることが条件となっていますが、家族の分の割り引きも受けることが可能です。
最大で5人分までの割り引きを受けられて、1人分で200円の割り引きを受けることが可能なので、5人分だと最大で1000円の割り引き額となります。
OCN光に関してもOCNモバイルONEを利用している場合にはお得になります。